国内の旅行プランの中でも沖縄は海か城を意識した旧跡巡りコースが多い

沖縄への旅行において旧跡を見に行くというコースを幾つか調べてみました。

主に2つの旅行コースが存在します。

まず城跡です。沖縄という地は、古来の城跡などが非常に多いのです。

例えば沖縄の北部に、ある旧跡があります。
大昔には大変立派な城壁が有ったのですが、戦争に破れてからは旧跡となっている訳です。
国内の中でも遺産価値が高い旧跡なのですが、世界的にも非常に価値が高い城跡です。

ちなみに、ある沖縄の旅行プランの一つに、2泊3日のコースがあります。

その旅行プランで巡るスポットの一つが、その城跡という訳です。

次に、石碑を見に行くという旅行コースです。

例えば、沖縄南部の海沿い地帯の一箇所に幾つかの石碑があります。
それら石碑には、戦後の沖縄に関係するものが多く見られます。

そしてその場所は、実は国内の最南端にある旧跡なのです。沖縄の海から3メートルぐらいの切り立った崖の上に、それらの石碑があります。
国内の旧跡の中でも、かなり海が意識されている雰囲気です。

ちなみに、その海の色は国内の中でも珍しいエメラルドグリーン色です。国内の海水や川の水は、意外とエメラルドグリーン色のものが少ないものです。
国内でも数少ないエメラルドグリーン色のスポットです。
エメラルドグリーン色が好きな私としては、ぜひともそこに旅行に行ってみたい次第です。

このように沖縄の旧跡というものは、城跡か石碑のどちらかに該当するパターンが多いものです。

国内の他の地域に比べると、海や城などに旅行に行くというイメージを持って頂ければと思います。

img 北海道から沖縄まで、国内の名所・旧跡を紹介! ぜひ感動のお供にご覧ください。